青汁選びのパートナー

Find the Best green juice

メインイメージ

ビタミン類

βカロテン

粘膜を丈夫にする働きを持ち、美肌効果やガン予防まで可能にする万能栄養素。

体内でビタミンAに変換される脂溶性ビタミンで、過剰摂取に注意が必要ですが、

一般的には不足しがちになる傾向があるので、積極的に摂取しましょう。

ビタミンB群

ビタミンB1やビタミンB6など合計で8種類に分かれ、各々に働きを持ちます。

材料にもよりますが、青汁には殆どが含まれている傾向にあります。

健康や美容に大きな働きを担い、人にとって必要不可欠なビタミンです。

ビタミンC

皮膚や粘膜の健康維持に役立つほか、シミやシワなども防ぐ有名な栄養素です。

強力な抗酸化作用を持っていて、上記のようなアンチエイジングに効きます。

また、精神を安定させる作用もあり、ストレスの鎮静にも効果を発揮します。

便秘に効く成分

食物繊維

炭水化物・ミネラル・ビタミン・タンパク質・脂質
以上の五つをまとめて「五大栄養素」と表現しますが、
食物繊維は第六の栄養素と呼ばれている非常に重要な物質です。

主な働きとしては、腸のぜん動運動を促進して排便を促す効果、
つまり、便秘を解消するという機能が代表的です。

この他にも、血中のコレステロール値を下げる働きがあることから、
生活習慣病の予防・改善にも必須の成分と言われています。
こちらの青汁ダイエットで健康生活の解説もダイエットをしている方にはお勧めのサイトです。

パラミロン

食物繊維と似たような働きを持つ特殊な成分です。
腸のぜん動運動を促進させる働き以外にも、
老廃物を排出するという機能があるため、便秘やむくみの解消に最適。

そのため、積極的に摂取していれば、身体がスッキリするダイエット効果もあり、美容にも大きな有用性を期待されている物質です。

不飽和脂肪酸

魚類に含まれている注目成分

不飽和脂肪酸は魚類などに多く含まれている脂肪酸を指しており、
コレステロール値の抑制や過酸化脂質の発生を抑え込む機能を持っている有用性の高い成分です。

画像

一般的な青汁には含まれていませんが、
新素材であるミドリムシを含む「ユーグレナ緑汁」には豊富に含有されています。

代表的な例としては下記の二つが挙げられます。

DHA

脳内に入ることの出来る栄養素であり、記憶力の向上などに役立ちます。
その他にもアルツハイマー病や認知症の改善や精神安定作用などがあり、
非常に有用性の高い注目の栄養分として期待されています。

そのため、老若男女を問わず積極的に摂取したい栄養分です。
アレルギー症状を抑えたり、視力を回復する効果もあるようです。

EPA

体内で合成することが出来ないので、
必ず食品から摂取する必要がある成分です。

血液をサラサラにしてくれる作用があり、血行を促進させてくれます。
コレステロール値の抑制や血栓を防ぐ働きも持っています。

DHAと互いに助け合い、身体や脳の健康を助けるという特徴があります。

ミネラル

【カルシウム】

骨や歯をつくるうえで必要不可欠になるミネラルです。そのため、骨粗しょう症の予防などに役立ちます。

その他、イライラやストレスの解消の効果があることもわかってきています。マグネシウムとのバランスを考えながら摂取するのが
ポイントです。

【亜鉛】

成長を促進させる効果がもっとも代表的な機能です。動物性の植物に豊富に含まれていると考えられているミネラルです。

その他にも抜け毛を防ぐ働きがあると考えられている為、男性は特に積極的に摂取したいところです。
皮膚や粘膜を保護する働きも持っています。

【マグネシウム】

酵素をサポートすることが出来るミネラルとして非常に重要な働きを果たします。カルシウムとの相乗効果も期待できます。

身体中の細胞で行われている代謝のほとんどに関わっていると考えられています。
一般的な食事からでも十分に摂取できると考えられています。

【カリウム】

食事からの摂取が難しく、不足してしまいがちな栄養素のひとつとして挙げられます。
主にナトリウムを排出する働きがあります。

塩分、つまりナトリウムを過剰摂取してしまった場合の生活習慣病を予防できるミネラルであり、高血圧やメタボ改善に大きな役割を果たします。